Bond Fusionが必要な10の理由

1. ブロンドの親友:キョーネは、ブリーチに伴ういかなる損傷を防ぐためにBond Fusionを開発しました。

2. パサパサになる髪を使い慣らす:お客様に最大の問題について尋ねるとき、このリストをパサパサの髪が始めます。ヘアカットか、セットか、Bond Fusionを追加し、次の訪問のまでその結果をコントロールするためにBond Fusion3のホウムケアをお勧めしてください。
3. かみを強化するケア:Keuneの教師と米国認定したカラーリストの評議会委員長Jay Marshlick が「中と外から痛む髪を復元するようにフェーズ1の1つのパートとフェーズ2の2つパートをミックスし、髪に混ぜ、熱なしで待ちます」、と言います。その後洗って、セットします。フェーズ1はより大きな内部タンパク質を提供し、フェーズ2はキューティクルを滑らかにしてセットの時美しい仕上がりができます。

4. 細い髪のためのブースターのセット:「ボンド・フュージョンのフェーズ2は、細かい髪でこれまで使用していたコンディショナーの中で最高のものです」とMarshlick教師が言います。重くせず、薄い髪をより重くすることなく、またパーマをかけず、細い髪を生き生きとさせます。セットのためだけいらっしたお客様にこの手順をお勧めします。彼らがすぐに髪の違いを見て、感じます。髪がもっと強くなって、つやつやします。

5. 波を打つ髪を強化:「ミディアムウエブの自然な波を打つ髪のお客様がをいらっし、そのウエブができるだけ長く形を保つことを望んでいます」とMarshlikは言います。彼女がボンド・フュージョンを使った後、ウエブをもっと長くあり、それらをセットし続けます。しかも前ないツヤツヤ出てきました。

6. 強化されたカール:「Keuneのケラチンカールはケラチンが入っている軽いパーマです」とMarshlik教師が言います。「カールの技術としては、それが最初接続を切断し、その後新しいを形成することです。私たちのパーマは、より柔らかく、より自然な波を提供します。白髪と細い髪の時、最初パーマをかけ、フェーズ1を中和剤に加えます。結果はより強い髪です。この場合ではフェーズ2を使用しません。それはカールを和らげますので、次回の訪問ではセットの時フェーズ2を適用します。」

7. 白髪に再生:Keuneの教師Gabby Mileyは、問題の多い白髪のためにBond Fusionを使用するのが好きです。髪が「年をとって」、髪はスポンジのように髪の色を吸い取り、暗くなる、またはその逆に、髪は装甲したシールドみたい色を拒否します。「白髪染めの時Bond Fusionを使用すると、結果として、白髪がなくなり、より強い髪、そして自然なつやつや出てきます。これは老化した髪に完璧な解毒剤です!」

8. 過熱保護: 「非常に強いヘアドライヤー、ヘアアイロン、その他のセットツールを日常的に使用すると、髪の水素と塩債の接続が損傷され、それは深刻な問題につながります。ボンド・フュージョンのトリトメントはこれらの接続を復元し、将来のダメージを防ぎ、ホームケア・フェーズ3はサロン・トリトメントの間で保護を継続しています。」

9. カールのためのブースター:「気分に応じて、カール気に入っているだけでなく、まっすぐにしたいカールの女の子は、毎日波を打つ髪の人とは異なるニーズがあります。波を打つ髪は敏感です。手で触れるほど、彼らはより多くの気質になります。又まっすぐすると、アイロンやブラッシを使うと、髪の水素と塩債の接続を破ります。ボンド・フュージョンが驚かせます!ボンド・フュージョンがそのダメージ下接続を自然な形に戻ることを保証します。

10. ダブルブロンド:マイリーは彼女の選択でボンド・フュージョンをブリーチに加え、ブリーチの後にセミカラーの方式に追加します。